最終更新時刻:2013年4月30日(火) 19時39分

オリヱント化学工業のECサイト オリヱント化学工業のSDSダウンロードサイト

chem-indexからのお知らせ

自動車製造は「プラスチック時代」を迎える – 中国ビジネスヘッドライン

自動車製造は「プラスチック時代」を迎える – 中国ビジネスヘッドライン


自動車製造は「プラスチック時代」を迎える
中国ビジネスヘッドライン
同技術で重要になるは、樹脂と固化剤完全融合加速と固化にかかる時間だ。通常なら単独溶鉱炉内で24時間がかかるが、BMW i3生産ラインはこれをわずか数分に短縮した。炭素繊維強化プラスチックの使用により、運転席に必要な部品が伝統的な自動車より減少 ...

関連タグ

関連記事

経産省、海洋プラ対策支援 生分解性樹脂開発促す – 日刊工業新聞経産省、海洋プラ対策支援 生分解性樹脂開発促す – 日刊工業新聞

日刊工業新聞経産省、海洋プラ対策支援 生分解性樹脂開発促す日刊工業新聞経済産業省は、海洋プラスチックゴミ問題の解決に資する技術開発への支援を2019年度から始める。世界中で進む同問題の深刻化や企業による関心の高まりを受け、革新的な... (残り:538文字/本...

東レ、マレーシアでABS樹脂の生産増強 – NNA.ASIA東レ、マレーシアでABS樹脂の生産増強 – NNA.ASIA

日刊工業新聞東レ、マレーシアでABS樹脂の生産増強NNA.ASIA東レは6日、マレーシアでABS樹脂「トヨラック」を製造・販売する現地法人、東レプラスチックマレーシア(TPM)の生産能力を増強すると発表した。TPMの現在の年産能力に7万5,000トン上積みし、42万5,...

【セミナーご案内】水環境におけるマイクロプラスチック汚染の現状と最新の研究事例 1月21日(月)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ – PR TIMES (プレスリリース)【セミナーご案内】水環境におけるマイクロプラスチック汚染の現状と最新の研究事例 1月21日(月)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ – PR TIMES (プレスリリース)

PR TIMES (プレスリリース)【セミナーご案内】水環境におけるマイクロプラスチック汚染の現状と最新の研究事例 1月21日(月)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチPR TIMES (プレスリリース)マイクロプラスチックに関する最新の研究事例と世界各国の規制の動向、海外の研...

なぜ日本の家は寒いのか? いまこそやるべきコスパ最高の寒さ対策とは – ハーバー・ビジネス・オンラインなぜ日本の家は寒いのか? いまこそやるべきコスパ最高の寒さ対策とは – ハーバー・ビジネス・オンライン

ハーバー・ビジネス・オンラインなぜ日本の家は寒いのか? いまこそやるべきコスパ最高の寒さ対策とはハーバー・ビジネス・オンラインアルミは、諸外国で主流となっている樹脂プラスチックの一種や木製のサッシと比べて、1000倍以上の熱伝導率がある。そのため冬の寒さや夏...

バンクシー、難民ボートの作品で「重量当てクイズ」 – CNN.co.jpバンクシー、難民ボートの作品で「重量当てクイズ」 – CNN.co.jp

CNN.co.jpバンクシー、難民ボートの作品で「重量当てクイズ」CNN.co.jp木製の台座を除いた総重量をグラム単位で予想するというルールだ。 船体は市販のガラス繊維製、人物は発泡プラスチックを充填(じゅうてん)した樹脂に手作業で塗料を吹き付けてある。 現物は今月いっ...

オリヱント化学工業のECサイト オリヱント化学工業のSDSダウンロードサイト

特集

人気の記事

  • N/A

過去の記事

  • No public Twitter messages.