最終更新時刻:2018年12月6日(木) 20時43分

オリヱント化学工業のECサイト オリヱント化学工業のSDSダウンロードサイト

chem-indexからのお知らせ

カテゴリー:燃料電池の記事一覧

パワー半導体の世界市場は2030年に4.5兆円へと大型化 – Yahoo!ニュースパワー半導体の世界市場は2030年に4.5兆円へと大型化 – Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースパワー半導体の世界市場は2030年に4.5兆円へと大型化Yahoo!ニュースパワー半導体はエネルギー節約という点で重要な役割を果たすのだが、これまではいかんせん市場が小さかった。しかし、2017年段階で世界市場は2兆円を超えてきた。とりわけEV、ハイブリッド...

<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第57回 国士舘大学経営学部講師 石田 賢 氏 – 東洋経済日報<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第57回 国士舘大学経営学部講師 石田 賢 氏 – 東洋経済日報

東洋経済日報<Korea Watch>揺らぐサムスン共和国 第57回 国士舘大学経営学部講師 石田 賢 氏東洋経済日報自動車業界は現在転換期を迎えている。ガソリン車から電気自動車、燃料電池車、自動運転車など次世代技術のオンパレードである。今回取り上げるのは自動運転車であ...

危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少 – NNA.ASIA危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少 – NNA.ASIA

NNA.ASIA危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少NNA.ASIA半導体を除く分野の不振が際立つ韓国で、自動車部品メーカーの業績が大幅に落ち込んでいることが、韓国経済新聞の調査で分かった。同紙が2018年7~9月における、上場車部品会社85社の業績を分析した...

住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進 – まぐまぐニュース!住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進 – まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース!住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進まぐまぐニュース!当社の材料事業の製品には、二次電池用の正極材、積層セラミックコンデンサ用のニッケル粉、あるいは、現在はまだ研究中でありますが、当社の結晶製造の要素技術を活用できるパワー半...

住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進 – minkabu PRESS住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進 – minkabu PRESS

minkabu PRESS住友金属鉱山 足元の課題を克服し、成長戦略を推進minkabu PRESS当社の材料事業の製品には、二次電池用の正極材、積層セラミックコンデンサ用のニッケル粉、あるいは、現在はまだ研究中でありますが、当社の結晶製造の要素技術を活用できるパワー半導体向けシ...

光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に低温で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発~水素ステーションや工場などで大気中のわずかな水素濃度を検知する … – 大学プレスセンター光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に低温で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発~水素ステーションや工場などで大気中のわずかな水素濃度を検知する … – 大学プレスセンター

大学プレスセンター光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に低温で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発~水素ステーションや工場などで大気中のわずかな水素濃度を検知する ...大学プレスセンター次世代型の燃料電池自動車などに使われるエネルギー源として注目されて...

光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に従来より低温環境で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発 – アットプレス (プレスリリース)光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に従来より低温環境で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発 – アットプレス (プレスリリース)

光エネルギーを利用し柔軟性のある素材に従来より低温環境で水素薄膜センサーを形成できる技術を開発アットプレス (プレスリリース)次世代型の燃料電池自動車などに使われるエネルギー源として注目されている水素エネルギーは、環境にやさしい反面、爆発性が高くその取り扱...

【個別銘柄】SUBARUや朝日インテック高い、石油関連が安い – ブルームバーグ【個別銘柄】SUBARUや朝日インテック高い、石油関連が安い – ブルームバーグ

【個別銘柄】SUBARUや朝日インテック高い、石油関連が安いブルームバーグウエハー単価上昇への過度な期待感はおおむね剥落したと判断。設備投資の活発化で業績拡大ペースは18年12月期から19年12月期にかけ大幅に鈍化する公算が大きいと予想するが、半導体需要が大幅...

三菱ケミカルHD、上期売上収益は1.9兆円 中間配当を前回公表から3円引き上げ – まぐまぐニュース!三菱ケミカルHD、上期売上収益は1.9兆円 中間配当を前回公表から3円引き上げ – まぐまぐニュース!

三菱ケミカルHD、上期売上収益は1.9兆円 中間配当を前回公表から3円引き上げまぐまぐニュース!価格面におきましては、ナフサ価格の上昇にともなう販売価格の上昇や、MMAの市況上昇によるものであり、数量面は定期修繕の影響やスマホ需要減にともなう光学用フィルムの販売...

『工業材料12月号』高機能化するセラミックスと粉体技術(15日発売) – 日刊工業新聞『工業材料12月号』高機能化するセラミックスと粉体技術(15日発売) – 日刊工業新聞

『工業材料12月号』高機能化するセラミックスと粉体技術(15日発売)日刊工業新聞本特集では、第1部として、コンデンサ、センサ、二次電池、誘電体、圧電体、半導体などの電子材料の応用分野に関わる電子セラミックス材料の現状と課題について、その特性評価を視点に解...

トヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリード – ニコニコニューストヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリード – ニコニコニュース

ニコニコニューストヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリードニコニコニュース将来的には、2030年段階で電動車比率50%以上、純正EVおよび燃料電池車比率10%以上を打ち出しているが、やはりトヨタにおける次世代エコカーの本命はプラグインハイブリッド車だ。これからの...

トヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリード – ニコニコニューストヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリード – ニコニコニュース

ニコニコニューストヨタはHEV出荷1269万台の実績で市場をリードニコニコニュース... はプラグインハイブリッド車だ。これからの電動車のすみ分けについては、バス・トラックなどには燃料電池車が最適であり、短距離利用の一般乗用車であればプラグインハイブリッド車が良い...

GMの自動運転に活路 ホンダが異例の大型提携 – 週刊東洋経済プラスGMの自動運転に活路 ホンダが異例の大型提携 – 週刊東洋経済プラス

GMの自動運転に活路 ホンダが異例の大型提携週刊東洋経済プラスGMとは昨年来、燃料電池車やEV(電気自動車)の電池領域で提携を進めてきたが、今回は巨額出資がセットだ。クルーズに7.5億ドルの出資を行い、今後12年で自動運転の事業資金として20億ドル、合計27.5億ドル(...

CASEとは? 何の略? 意味は? 自動運転、コネクテッド、シェアサービス、電動化 – 自動運転ラボCASEとは? 何の略? 意味は? 自動運転、コネクテッド、シェアサービス、電動化 – 自動運転ラボ

自動運転ラボCASEとは? 何の略? 意味は? 自動運転、コネクテッド、シェアサービス、電動化自動運転ラボ一方、海外でも独BMWとダイムラー、アウディの3社が、通信機器メーカーや半導体メーカーなどと5Gを使ったコネクテッドカー関連サービスの開発で提携するなどさまざま...

有機薄膜太陽電池を高性能化、フッ素原子を使う新型アクセプターユニット – ITmedia有機薄膜太陽電池を高性能化、フッ素原子を使う新型アクセプターユニット – ITmedia

ITmedia有機薄膜太陽電池を高性能化、フッ素原子を使う新型アクセプターユニットITmedia大阪大学の研究グループ2018年10月、化学メーカーの石原産業(大阪市)、ドイツマックスプランク高分子研究所などと共同で、フッ素原子を導入した新しいアクセプターユニットの開発に...

オリヱント化学工業のECサイト オリヱント化学工業のSDSダウンロードサイト

特集

過去の記事

  • No public Twitter messages.